« プラグが差し込めない | トップページ | バングラデシュでお酒を飲む »

まさなり changcheng

バングラデシュでも多国籍料理を食べることができる。
特にベンガル人に人気があるのが「タイ・チャイニーズ」。
タイ料理と中華料理のメニューが共にあって看板にもタイ&チャイニーズと書いてある場合が多く、地方都市でもよく見かける。
味はというと、おいしいけれどタイ料理でもないし中華料理でもない、という感じ。
私たち(一部の隊員)はバングラチャイニーズと呼ぶ。

しかし、中華料理だと思うお店がダッカにある。
それが「まさなり」。
本当は昌成changcheng(合ってるよな・・・)と書くのだけれど、訓読みでまさなり。
私は全然美食家ではないけれど、中国の普通の食堂で食べた中華よりも洗練されているような気がする。
聞くところによると香港で修行した人が料理しているらしい。

Photo_2





角煮と空芯菜の炒め物がおいしいと評判(他のもおいしい)。
お酒もおいてある。

昌成
住所:Banani11, Dhaka

にほんブログ村 海外生活ブログへ

|

« プラグが差し込めない | トップページ | バングラデシュでお酒を飲む »

バングラデシュの食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147767/28433770

この記事へのトラックバック一覧です: まさなり changcheng:

« プラグが差し込めない | トップページ | バングラデシュでお酒を飲む »