« ダワットという習慣 | トップページ | 清き1票を »

ノクシカタ Nakshikatha

バングラデシュの多くのものが、人の手で作られている。
籐家具だって、本だって、手作業。
舗装道路だって、人が道の脇でタールを焼いて造る。

そんな訳だから均一な商品ができないのが困るとこ。
バングラデシュの中では製品管理ができている方なAarongの商品だって、象の顔が違う。
でも、それも良さなのだなぁと思わせるノクシカタ。

さて、ノクシカタとはバングラデシュ伝統の刺繍。
もともと使い古した布を重ねて丈夫にして再利用していたところから始まるらしい。
結婚式のデザイン、歴史を描いたもの、日常風景を描くもの。
見ていて楽しいし、すごくかわいい。
Photo





ダッカには5箇所程度、NGOが主体となって女性たちが集まり作業をする場所があるそうで、今回はアガルガオで見学させてもらった。

ひとつひとつ、女性が時間をかけて縫っていくのです。
40cm×40cmくらいのノクシカタで約4ヶ月。
元デザインはあっても、少しずつ違う。
それぞれに味がある。
Photo_2





バングラデシュで活動するNGOエクマットラさんを通して購入可。
エクマットラは「みなが共有できる一本の線」という意味。
(サイトより抜粋)ストリートチルドレン支援活動、農民組織活動を通じて底辺に住む人々へ機会を提供していく活動や、映画制作や上映を通じて一般市民の意識の構築を目指す啓発活動(抜粋ここまで)を行っている。
販売に協力している。

時間がかかるので、事前にオーダーをする。
デザインによって値段が変わるが、40cm×40cmで70$前後。
短期の旅行者には注文は難しいが、気長に待つ気があれば送料込みで相談してもよいかもしれない。

■バングラデシュ政府観光局のバングラ情報はこちら

にほんブログ村 海外生活ブログへ

|

« ダワットという習慣 | トップページ | 清き1票を »

バングラデシュでお買いもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147767/29803519

この記事へのトラックバック一覧です: ノクシカタ Nakshikatha:

« ダワットという習慣 | トップページ | 清き1票を »