« 雨季 | トップページ | カフェ レッドシフトRed Shift »

わが家の同居人

わが家の同居人はシーズンによって入れ変わる。
正確に言うと人ではない。
年中いるのはティキティキ君とテラポカ君。
日本語で言うとやもりとゴキブリのこと。

うちにはでっかいティキティキと小さいティキティキがいて、私は親子だと思っている。
時々キーキー鳴いている以外は壁にいるだけなので問題はない。
うっかり床を歩いていると家主に踏みつぶされるので気をつけてもらいたい。

問題はテラポカの方。
日本語教師のMさんにいただいたコンバットを設置後、1度大量に出てきたが、その後は時々ひっくり返っているのを見る程度になった。
でも、いることはいる、大きくて光沢のあるテラポカ君が。
ほとんど生ものを置いていないのに、どうして台所に出るのだろう。
なんで飛んだり走ったりするのだろう。
発見した夜は深夜まで退治に専念する。

4月頃はピプラが大量発生する。
かわいらしい名前のピプラは蟻のこと。
食べかすを落とすと一瞬にして集まって来る。
蟻んこたちはビニル袋まで食いちぎってしまう。
甘党でよく食べものをこぼす家主はピプラにとってやさしい飼い主である。

そろそろモシャの季節。
モシャとは蚊のこと。
モシャリという名の蚊帳をして寝ないと、間違いなく蚊に刺されることになる。

今のところ、まあ無難に同居生活を送っていると思う。
・・・やや押され気味か。

■バングラデシュ政府観光局のバングラ情報はこちら

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

|

« 雨季 | トップページ | カフェ レッドシフトRed Shift »

バングラデシュの気になること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147767/30437650

この記事へのトラックバック一覧です: わが家の同居人:

« 雨季 | トップページ | カフェ レッドシフトRed Shift »