« ガムチャ | トップページ | バングラデシュのクリスマス »

信号機

信号機が青なら「渡れ」、赤だったら「止まれ」、黄は「気をつけて渡れ」。
黄色が「急いで渡れ」の地域もあるが、世界的には上記の通り。
先月からダッカでも全面的に信号機が動き出した。

今までも信号機はあったのだが、信号機の下に人が立って誘導していて、下手な誘導が渋滞の原因になっていたりした。
場所によっては電気が付いてない、つまり動いていない信号機もあった。

横断歩道も少ないし、陸橋があっても道路を横断するのが当たり前のバングラデシュ。
車も人も交通ルールを守って道路を渡ることへの第一歩。
渋滞も緩和されるはず。

今のところは、信号機が動いても人が誘導していたり、信号が赤でも隙あらば渡ってしまう人が多い。
かく言う私も人の波に乗って道路を渡ったら、赤い信号機が悲しそうにこちらを向いていた。
みんながルールを守れるようになるにはまだ時間がかかりそうです。

■バングラデシュ政府観光局のバングラ情報はこちら

??????? ????????
 

|

« ガムチャ | トップページ | バングラデシュのクリスマス »

バングラデシュの旅の仕方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147767/32684692

この記事へのトラックバック一覧です: 信号機:

« ガムチャ | トップページ | バングラデシュのクリスマス »