« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の17件の記事

International Trade Fair

確か去年も書いたInternational Trade Fairのこと。
今年も行ってしまいました。

今年は入ると・・・太陽の塔ですか。
Photo







開場の中には企業パビリオン、アジアからの各国館、バングラデシュの製品を販売するお店が並ぶ。
開場は広く、全部見ようと思ったら結構な時間がかかると思われる。
暑くなって来たので水分補給をお忘れなく。

ここはお勧め、ジュート館。
今回の開場入りの目当て。
Photo_2






ジュートを扱うお店が並ぶ。
Photo_3 Photo_4






でっかいジュートバッグを買ってしまった。
これでまた携帯荷物が増えることだろう。

ダッカはアガルガオAgargaoで1月31日まで開催中。
笑いあり興奮ありのInternatinal Trade Fair。
あと数日、行ってみて下さい。

■バングラデシュ政府観光局のバングラ情報はこっちこっち

??????? ????????
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中華 New King's Kichenニューキングス キッチン

バングラにある中華料理屋はなんか店内が暗い。
いやに間接照明が演出してある店とかわざわざ照明が落としてある店とか。
タイ・チャイニーズ料理屋は暗いが心配ないと書いてある文章を日本語訳したこともある。
(意味が分からないから最終的には削除したけど。)

さて、このお店、グルシャンにある中華料理屋。
ここも蛍光灯ではなくて青とか赤とかの照明で薄暗い。
でも、心配ないです、ハイ。
Photo

Photo_2

目当ては鍋。
食べ放題で1,000TK。
野菜、鶏肉、魚丸、いか、きのこ・・・締めは麺&卵。
Photo_3

この酢漬けも気に入った。

Photo_4

New King's Kitchen新天厨餐庁
住所:House20, Road30, Gulshan1, Dhaka1212
電話:(02)9894827, 8815370
*VISA、Master可、酒類なし(持ち込み可)、禁煙

■バングラデシュ政府観光局のバングラ情報はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イステマの次は・・・

去る1/22~24はイステマというイスラム教の集会が行われた。
ダッカ郊外のトンギはメッカに次いで多く、数百万の人が集まると言われている。

100124









次は1/29~2/9までバングラデシュでスポーツの南アジア大会が開かれる。
サッカー、水泳、ハンドボールなどなど。
そのせいか局所的に渋滞が起こっているらしい。

観光局としても南アジア大会で来る海外からの渡航者、国内向けにイベントを行う。
という報道発表を行う大ボスたち。

Photo1

私はというとホームページに張り付きで蚊帳の外。
なんであちこちで渋滞が起こっているのかという理由も分かっていなかった。

どこかの試合を見に行けたらいいな。

■バングラデシュ政府観光局のバングラ情報はこちらこちら

??????? ????????
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぽかぽか陽気

先週くらいまで寒かったのに。
ダウン着たり、湯たんぽ使っていたのに。

何日か前の朝、霧が雨に変わって「珍しいなー」と思ったら、その後、暖かくなってきた。
このまま夏に向かうのか。

寒いのもイヤだし、暑いのもイヤ。
ヒトってわがままですね。

■バングラデシュ政府観光局のバングラ情報はこちら

??????? ????????
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

RIO

辛すぎず、つい手が出るツマミ。
じゃなくて、スナック。

18





名前はリオ。

■バングラデシュ政府観光局のバングラ情報はこちら

??????? ????????
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父の名前と母の名前

外国からバングラデシュへ入国するときに書く入国カード。

名前 
国籍 
生年月日 

などは、どこの国でも必要な情報。

私はミドルネームはないんだよね・・・などと思いながら書き進めて行くと、
父の名前 
母の名前 

という項目が出てくる。

バングラに着いてから、銀行口座を開くときも親の名前を書いた。
親の名前を聞いてどうするの?

同じ名前が多いから親の名前を書かなくては個人を判断できないらしい。
確かに、「イスラム」さん、「モハンマド」さん、「チョードリー」さん・・・によく会う。

日本語には「ひらがな」と「カタカナ」と「漢字」があって、漢字も同じ同姓同名ってなかなかいない。
自分が日本人でなければこんな難解な言語は学びたくないが、こんな美しい言語を持つ国に生まれてよかったと思う。

日本語はそのことばに込められた意味や印象をよく表していると思う。
フジワラの苗字は何の変哲もなく「藤原」なのであるが、性別不明で架空の人というイメージにしたかったからカタカナ表記。
その割に人間臭いこと書いているから効果の程は疑問だけれど。

とまあ、また余談になってしまったが、バングラで父の名前と母の名前を聞かれても不思議に思わないで下さい。
そうしないと個人を確定することができない名前が多いのです。

■バングラデシュ政府観光局のバングラ情報はこちら

??????? ????????
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Aarong アーロン

バングラデシュ最大のNGO・BRACの運営するハンディクラフトショップ。
品質管理、製品管理ともにバングラデシュのハンディクラフトショップの中では最新であると思う。

基本は手作りなので、同じものでも色合いや顔の表情が違うのは仕方がない。
「そのワニ人形の中で一番かわいいのを選んで。」
というリクエストもバングラデシュらしい買い物風景。

バングラデシュ各地とUK・ロンドンに支店がある。
このロゴが目印。

S11698480372_726512_4764









これが買いたいという明確な目的がなく、とにかくおみやげを買うという場合にはまずはAarong。
これが買いたいという明確な目的がなく、おみやげを買う気もなくても衝動買い。
ノクシカタ刺繍製品、ジュート製品、サリー・パンジャビなどの衣料、雑貨などなんでもそろう。

ホームページ:http://www.brac-aarong.com/

■バングラデシュ政府観光局のバングラ情報はこちら

??????? ????????
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

壁の丸

大きなビルの壁に黒いブツブツ。
よく見れば室外機。
こんなにエアコンが付いているのかしら、このビル。

Photo_3












■バングラデシュ政府観光局のバングラ情報はこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カフェ Cuppa Coffee Club

前にコーヒーイレブンがあった場所。
スターバックスのコーヒーが飲める。

店内ではWiFiが使え、時々ギャラリーとして展示会や演奏会を行っている。

座席にソファが多いのが嬉しい。
と思ったら、写真にソファが写ってない・・・不覚。
1






チキンとカシューナッツのサラダ。ボリュームあり。230TK
Chiken_cashew_nut_salad







にんじんの切り方がきれい。
コレできないな~
Photo








えびガーリック炒めとご飯のセット。210TK
Prawn_garlic_and_pepper_with_steame







ブラウニーwithアイス。190TK
カプチーノ(スタバ豆)260TK

Brownice_with_ice_cream






バングラ的距離感を象徴しているかのよう。
Photo_2







Cuppa Coffee Club
住所:Building11, Road46, Gulshan Circle2, Dhaka-1212
電話:(02)8851727
*VISA利用可、喫煙可、酒類持込み可

■バングラデシュ政府観光局のバングラ情報はこちら

??????? ????????
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年 バングラデシュ カレンダー

2010年の政府カレンダーが発表された。
今年から建国の父であり、新政権アワミリーグの党首ハシナの父であるボンゴ・ボンドゥの誕生日なる休日ができた。
うーむ、自由な国だ。

<2010年 祝祭日>

2/21 世界母国語デー

4/27 Eid-E-Miladunnabiミラドウンナビ
       (イスラム教、預言者ムハンマド聖誕祭)

3/17 ボンゴ・ボンドゥの誕生日

3/26 独立記念日

4/14 ベンガル暦新年

5/ 1  メーデー

5/27 Buddha Purnimaブッド・プルニマ
       (仏教の祭)

7/28 Shab-e-Baratショブイボラット
       (イスラム教、断食前の祭)

8/10頃 断食始まる

8/15 Janmashtamiジョンモスタミ
      (ヒンドゥー教、男神クリシュナの祭)
       ボンゴ・ボンドゥの殺害日

9/ 7  Shab-e-Qudrショブイコダール *
     (イスラム教、断食月の第27日目)

9/10-12 Eid-ul-Fitr
            (イスラム教、断食明けイード) *

10/17 Durga Puja
        (ヒンドゥー教、女神ドゥルガの祭)

11/16-18 Eid-ul-Azhaコルバニイード*
             (イスラム教、犠牲祭)

12/16 戦勝記念日

12/17 Ashuraアシュラ
        (イスラム教、断食潔斎をする日)

12/25 クリスマス
        (キリスト教)

*印は月の満ち欠けによって変更の可能性あり。
金・土曜日は公休。振り替え休日はなし。

■バングラデシュ政府観光局のバングラ情報はこちら

??????? ????????

| | コメント (2) | トラックバック (1)

祝 『地球の歩き方』バングラデシュ編

タイトルの通り、念願の『地球の歩き方』バングラデシュ編の発行が決定した。
発行は今年の秋とのこと。
各方面から『地球の歩き方』バングラデシュ発行への要望があったよう。
発行が決定したと分かった時、嬉しすぎて手が震えてしまいました。

バングラデシュの観光に関するアンケートにご協力いただきましたみなさま、本当にありがとうございました。

■バングラデシュ政府観光局のバングラ情報はこちら

??????? ????????
 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

香辛料を買う

そろそろ任期も終了に近づいて来た。
何をお土産にしようかと考える。
自分では使わなそうだから買わない可能性大だが、ひとには勧めるもの。
バングラデシュの香辛料。

バングラデシュのほとんどの料理には香辛料が使われている。
チリ、ガランマサラ、ターメリック・・・
スーパーマーケットに行くと、袋詰めされたものが売られている。
Photo






市場に行けば香辛料が山積。Kg単位での購入。
09






料理風景を見ていると、軽量スプーンで量っているわけではない。
それでもおいしいのは、「適当」ってわけじゃなくて「適宜」なんでしょうね。
それが各家庭の味になる。
フジワラさんちの卵焼き食べたくなってきた。

■バングラデシュ政府観光局のバングラ情報はこちら

??????? ????????
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパ samran

私が旅で疲れたら、
タイではマッサージ。
韓国でサウナか垢すり。
ネパールとスリランカでアーユルヴェーダ。
中国では足つぼか。
たまには癒し空間も必要である。

さて、バングラデシュにもタイや日本のスパがオープンした。
今回はMade in Thailandの石鹸やオイルを使っているスパへ。

お店に入ると      

Photo







タイのお茶でお出迎え。
Photo_2







寒かったが清潔な個室。
Photo_3







タイからのアメニティ。購入可能。
Photo_4







全身ハーバルトリートメント 2,200TK
全身スクラブ 2,200TK
マニキュア・ペディキュア 各400TK
などなど

外に出ると一瞬で埃にまみれるのが悲しい。

samran
住所:House12, Road12, Baridhara, Dhaka1212
電話:(02)9894668
ホームページ:http://www.samranspa.com/
メールアドレス:customerservice@samran.com

■バングラデシュ政府観光局のバングラ情報はこちら

??????? ????????
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Clean Dhaka Week

バングラのゴミ問題について前に書いたことがあるが、かなり深刻な状況である。
と、感じるのは概ね外国人。
ほとんどのベンガル人にとっては、ゴミのポイ捨て、唾吐き、立ちションは悪いことであるという気持ちがないようである。

しかし、2010年1月9~22日にダッカ市役所とNGO、学生サークル、環境教育隊員が協力してClean Dhaka Weekが行われる。
私たちの街をきれいにしようじゃありませんか。
ということで、参加させてもらうことに。

■スケジュール■
(JOCV環境教育が関わるもの。その他、ワード毎や学校でプログラムあり。)
◇1月9日 オープニング イベント

◇1月11日 ゴミ拾い atダンモンディレイク
   11:00~14:00
   > ゲーム方式でのゴミ拾いとフィードバック

◇1月12日 最終処分場スタディツアーatダッカ市役所(DCC)
   11:00~16:00
   >最終処分場見学、専門家のお話、フィードバック

11日にダンモンディにいる方は来てみて下さい。
I heart Clearn Dhaka
が目印。

■バングラデシュ政府観光局のバングラ情報はこちら

??????? ????????
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インド古典音楽コンサートのお知らせ

「インド古典音楽コンサート」
●日時:2010年1月15日(金) 18:30開場 19:00開演
●場所:音楽学校チャヤノート 小オーディトリアム(3階)
   Chhayanaut
      Road 15A, House 72, Dhanmondi R/A Dhaka - 1209
   (バリダラ方面からの場合、ダンモンディのRoad27(old)を進み、
   突き当たりのSatmasjid Roadを左折すると、左手にあります。
   赤いレンガ作りの建物で、側面にベンガル語で’chhayanaut’と書いてあります。
   ションコール(Shangkar) バススタンドの手前です。)
●演奏者:吉田こうき-シタール
      Iftekhar Prodhan Dollar-タブラ
           津坂静香-タブラ
●料金:無料
●お問い合わせ:01732-478750(津坂静香)
         shizuka.tsusaka@gmail.com

【演奏者プロフィール】
◆吉田こうき(シタール)
'93年よりバラナシにてP.M.Chatterjeeにシタールを学ぶ。
'97年よりマイハール流派屈指の継承者アミット・ロイに師事、研鑽を積む。
コルカタで行われた日印交流式典の出演や、愛・地球博、みなとみらいなど
日本各地のイベント・文化施設での公演は年間100本近くに上る。
'07年、巨匠オビジット・ベナルジー氏と共演をも果たす。
スピード&パワーを持ち味に他ジャンルとのセッション、レコーディングにも多数参加している。
web site [ koki info. ] : http://homepage2.nifty.com/gyan/

◆Iftekhar Prodhan Dollar(タブラ)
7歳より、父親からタブラを習い始める。
1961年より続く由緒ある音楽学校チャヤノートにて、タブラ奏者として指導、演奏を行っている。
インド古典音楽を始め、タゴールソング、ノズルルソング、フォークソングなど、
様々なジャンルの音楽の伴奏をこなし、その抜きん出た技術力・表現力により、
音楽家達から高く評価されている。
また、現在も、インド・コルカタ在住の著名なタブラ奏者パンディット・サンジャイ・ムケルジー氏のもとで学び、
インド屈指のタブラ流派フォルカバードガラナの伝統を師より受け継いでいる。

◆津坂静香(タブラ)
2000年にインドでタブラと出会ったのをきっかけに、タブラを習い始める。
その後、インド、日本、シンガポール、バングラデシュにて、さらなる鍛錬を積む。
現在は、タブラ奏者ドラー氏よりタブラの指導を受けている。


■バングラデシュ政府観光局のバングラ情報はこちら

??????? ????????
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブロックプリント

女性の民族衣装、サリーやサロワールカミュースにハンコのようなブロックを使って、ペッタンペッタンとプリントする方法がある。

自分でブロックプリントする人もいるが、ニューマーケットの一角にブロックプリントばかり扱うお店群がある。
Photo







カタログを見てデザインを選び
Photo_2







ブロックする。
Photo_3








1セットのサロワールカミュース、サリー1枚に1~2時間。
200TK前後から。

New Marketニューマーケットはダッカの南西部。

■バングラデシュ政府観光局のバングラ情報はこちら

??????? ????????
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

バスの切符発券機

あけましておめでとうございます。

大晦日は紅白歌合戦を見ることができました。
なぜか画面が止まってしまい、ゆく年くる年を見ることができなかったのですが。
そして、31日夜、バングラデシュは11:59に10:59へ時間を戻し、無事サマータイムが終了しました。

さて、ダッカ市内のバスには2種類ある。

ひとつはバスに乗り込んでから車掌にお金を払うローカルバス。
小さめで古く、混んでいることが多い。

もうひとつは乗る前にカウンターでチケットを買うチケットバス。
カウンターとは言っても、木造校舎の小学校にありそうなふたの開く机をぼろくしたようなもの。
若干想像の入った表現であるが、見れば分かると思う。

先日のUttaraウットラからの帰り道。
空港駅前、列車駅前からチケットバスに乗ろうとカウンターを探したところ見つからない。
「ここだよ。」と指された先には遊園地のチケット売り場みたいなガラス張りの小屋。
(既にバスが来ていて、すごく急いでいたので写真はなし。)
見ればちゃんとバスの名前が書いてある。

我が家のある「シャモリ!」と叫んでお金を渡したら、こんなチケットをくれた。
ちゃんと「エアポート-シャモリ」と書いてあるじゃないですか。
真ん中には「23」タカと値段が書いてあります。
Photo_6






機械化されてきているのですね。
英語表記がないのは残念。


この日は偶然にもこのバスの中で協力隊OGに出会ったのでした。

■バングラデシュ政府観光局のバングラ情報はこちら

??????? ??????

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »