« カフェ Bitter Sweet | トップページ | 氷屋 発見 »

バングラのタージマハル

タージマハルと言えば、インドのイスラム文化の代表作。
ムガール帝国時代に建てられた墓標である。

ムガール帝国時代にはバングラデシュもこの勢力範囲内にあった。
しかし、バングラにあるタージマハルはこの時代に造られたのではなく2007年にできたレプリカ。

では、縮尺は無視して、ちょっと見比べてみてください。
どちらが好きですか。
Photo Photo_4

(左)バングラ
(右)インド

本物を忠実に縮小して建てられたと聞いていたけれど、それは誤った情報だったらしい。
写真では見にくいかもしれないが、バングラのタージマハルはピンク色。

やはり本物には勝てないが、予想していたよりもきれいというのが感想。
旅行者ズレした現地人もいないし。
外国人料金もない。
ハッピーターンを食べながら歓談していても、チラ見される程度。

ショナルガオン観光の際に立ち寄っても。

◇ダッカのグリスタン・バススタンドからショナルガオン方面に行くバスに乗りモダンプールで下車。
Sonargaon Expressで30TK。
ベビータクシーかテンプーかCNGで15分ほど。
テンプーでひとり40TKくらい。

◇ショナルガオンまではCNGで約30分、150TK。
◇入場料50TK

■バングラデシュ政府観光局のバングラ情報はこちら

|

« カフェ Bitter Sweet | トップページ | 氷屋 発見 »

バングラデシュの見どころ」カテゴリの記事

コメント

何でハッピーターン? 日本からわざわざ持ってきたの? それともバングラデシュでも人気?

投稿: バヤンコフ | 2010年2月10日 (水) 09時23分

>バヤンコフ さん
ベトナムから遊びに来たOB氏のおみやげでした。
そういえば、バングラにもお米を使ったお菓子いくつかあります。おせんべい類はバングラでも流行る可能性あり。今のところ、ハッピーターンの粉の味は作れないと思いますが。

投稿: フジワラ | 2010年2月11日 (木) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147767/33310655

この記事へのトラックバック一覧です: バングラのタージマハル:

« カフェ Bitter Sweet | トップページ | 氷屋 発見 »