« メロンといちご | トップページ | チャパイ・ノバブゴンジ チョト・ショナ・モスジット »

チャパイ・ノバブゴンジ トハカナ

インド国境ゴウル(Gaur)に近いチャパイ・ノバブゴンジChapaiNawabganj。
ダッカから直行バスが走っている。

マンゴー、ライチと言えばラッシャヒが有名だが、チャパイもマンゴー園やライチ園が広がり、地元の人は「チャパイのマンゴーが1番だ。」と言う。
既に暑さに参り気味なせいか、おいしい果物ができるというのは暑いんだろうなぁなどと想像して情けなくなる。

ここの見どころのひとつトハカナ。
16~17世紀に建てられたピンク色の聖者廟とモスク、トハカナ・パレスが並ぶ。

トハカナ・パレス
Photo

「トハカナ」とは地下を意味するそうで、埋まってしまった1階部分が地下のようになっている。
Photo_2

パレスの前にある池ではネットで魚を捕っていた。
Photo_3

シャハ・ニアモト聖者廟。
Photo_5

シャハ・ニアモトのお墓には3本の石柱が立っており、そのうち1本は「生きた石」と呼ばれ生きて成長していると言われているそうだ。
確かによく見ると色が違い、劣化が少ない。
石が成長するくらいなら人間の私を成長させてほしいと思うのは不謹慎か。ですよね。
Photo_6



旅行者はいつでも動物園の人気者。
Photo_4

■バングラデシュ政府観光局のバングラ情報はこちら

??????? ??????
 

|

« メロンといちご | トップページ | チャパイ・ノバブゴンジ チョト・ショナ・モスジット »

バングラデシュの見どころ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1147767/33602631

この記事へのトラックバック一覧です: チャパイ・ノバブゴンジ トハカナ:

« メロンといちご | トップページ | チャパイ・ノバブゴンジ チョト・ショナ・モスジット »